1/24:論述試験対策講座(キャリアコンサルティング協議会版)のお申込受付を開始いたしました

面接練習を一人でする方法(受け止め編)★第4回キャリコン面接対策(12)

2017-05-16

面接練習は誰かと一緒じゃないとできないとおもっていませんか?今日は、前回からの続きで、面接試験の練習を一人でする方法をお伝えします。

自主トレとは、基本の反復練習です

勉強会や対策講座など、他の人と練習したりフィードバックをもらう機会は限られていますよね。勉強会や対策講座は「練習試合」と考えましょう。「練習試合」だけ続けても、本当の試合の時に実力を出すことがなかなかできません。

そこで「自主トレ」です。自主トレーニングでは、傾聴の基礎を反復練習していきます。そうすることで、「練習試合」で反復練習の成果が出てきます。「練習試合」と「自主トレ」をうまく組み合わせ、「本試合」で確実に実力が出せるようにしていきましょう!

面接練習を一人でする方法(受け止め編)

面接では、信頼関係を早い段階で築く必要があります。なので、特に面接前半は「受け止め」を確実に行うことで、信頼関係をガッチリ作ってしまいましょう。それでは自主トレのやり方について説明します。

使用するもの

自分のロープレを録音した音声 または 逐語録

*マンパワーの講座を受けられた方は、講座内で使用した逐語録でも大丈夫です。
*ロープレの音声が無い方は、論述問題の逐語記録を使ってみてください。

練習方法(音声の場合)

  1. CLの発言(CL1)を聴く
  2. 音声を一時停止する。
  3. CLの発言(CL1)に対する「受け止め(伝え返し)」を口に出して言う。
  4. 音声を再スタートし、CLの次の発言(CL2)まで聴く。
  5. CLの発言(CL2)に対する「受け止め(伝え返し)」を口に出して言う。
  6. 以下繰り返し

*逐語録を使う場合は、「CL1を読んだ後、受け止めを口に出して言う」という感じで以下繰り返してください。

オプティキャリアのレッスンでできること

オプティキャリアでは、ロープレ後、必ず受講者さんと一緒に音声を聞きます。そして、一箇所一箇所止めながら、受け止めができているか、質問に意図どんな意図があったか、他にどんなアプローチ方法があったか等、細かく話をしていきます。

また、レッスン後の自主トレ方法についても丁寧にアドバイスさせていただいています。レッスン内容は全て録音可能なので、アドバイス内容を再度聞き直すことも可能です。わからないことがあれば、レッスン後いつでもメール相談ができます。

勉強会や対策講座に足繁く通わなくても大丈夫です。 Skypeレッスン&自主トレであっという間に合格レベルのロープレができるようになりますよ!!一緒にがんばりましょう♪