試験対策レッスンはZOOM(ズーム)が便利!ZOOMのメリットと使い方

2020-05-19

ZOOMのセキュリティの脆弱性に関する報道について(2020年4月)

オプティキャリアではパスワードを使ったセキュリティ対策を実施し、運営しています。

 

  • 以前に旧バージョンをインストールされた方は、最新版のZOOMにアップデート(再インストール)してご利用ください。
  • Zoom社のセキュリティ対策やソフトの仕様変更のため、下記の内容は随時変更されています。読み替えながらご利用ください。

 

オンラインでの試験対策レッスンは主にZOOM(ズーム)というツールを使っています! 
とてもかんたんで便利なミーティングシステムなので、オンラインレッスンにももってこいなツールだと感じています。

そこで、そのメリットと使い方をご説明します。

1.ZOOMのメリット

かんたん・Skypeよりも手間がかからない

  • アカウントの登録がいらない
  • URLをクリックするだけで利用準備ができる
  • iPhone/iPad/アンドロイド/Windows/Macで使用可能

軽い・接続が安定している

  • 古いPCでも動きがスムーズ
  • データ通信量が小さいので回線に負荷がかかりにくい

使い勝手がいい

  • 録画機能がある(オプティキャリアのレッスンは録画・録音OKです)
  • *録画機能はPC版のみ。iPadとスマホは録画できません。

2.ZOOMの使い方(事前準備(1))

例としてWindowsPCでZOOMを利用する場合の準備をご説明します。MacPCやスマホやタブレットも基本的に同様の流れになりますので、適宜読み替えてください。

レッスンを受けられる場合は、下の1)から8)までを事前準備として行っておいてくださいね。(できましたら「3.ZOOMをテストする(事前準備(2))」までを完了しておかれることをおすすめしています。マイク設定で「声が聞こえない」ケースがときどきあります。)

1)ソフト(アプリ)をダウンロードする

ZOOMのトップページ画像

ZOOMのトップページからダウンロード可能です。1「リリース」→2「Zoomをダウンロード」

3.「ダウンロードセンター」のページで、PCの場合は「ミーティング用Zoomクライアント」、スマホ等の場合は「Zoomモバイルアプリ」のダウンロードボタンを押すとダウンロードが開始されます。

オプティキャリアから届いたメールからダウンロードする方法

オプティキャリアからZOOM専用のURLをメールでお送りします。(日時のご予約がお済みでない場合と、事前にZOOMソフト(アプリ)をダウンロードされたい場合は、上記1)をご覧ください。)

A.ブラウザで開く

届いたメールのURLをクリックしてブラウザで開きます。

B.アプリをダウンロードを開始

画面のインストラクション通りに「ファイルの保存」を選択すると、アプリのランチャー(アプリをインストールするためのプログラム zoom_launcher.exe[Windowsの場合]またはzoonusInstaller.pkg[Macの場合])のダウンロードがはじまります。

上の画像はWindowsPCでfirefoxブラウザを使ったときのものです。

2)アプリのランチャーをクリック

ダウンロードが終わったら、そのランチャーをダブルクリックします。
 (ZOOMのインストールがはじまります。)

上の画像はWindowsでセキュリティの警告が出たときのものです。「実行」をクリックします。
(Macの場合も基本的に「続ける」または「はい」で進みます。次に「zoomusLauncher」を起動し、先と同様に進めてダウンロードを完了させます。)

5)アプリのインストール

アプリのインストールがはじまります。

6)アプリを立ち上げる

アプリを立ち上げると、下のような画面が出てきます。これでインストール完了です。

これで事前準備は完了です。
もし可能でしたら、下記3のようにテストしておくとカメラ・マイクや接続環境のチェックができて万全です。

3.ZOOMをテストする(事前準備(2))

1)ZOOMのテストにアクセスする(または上記2-6)の画面の「コンピュータのオーディオをテスト」を行う)

ZOOMのテストサイトにアクセスします。
または、上記2-6)の画面の「コンピュータのオーディオをテスト」をクリック

2)ミーティング(テスト)に参加

「参加」をクリックします。

3)Zoom Meetingを起動

「Zoom Meetingsを開きますか?」というダイアログボックスの「Zoom Meetingsを開く」ボタンを押すとZOOMが起動します(下図はWindowsPCでChromeブラウザを使った場合)。

4)名前を入力する

名前を入力して、「参加」をクリックします。

5)コンピュータオーディオのテスト

「コンピュータオーディオのテスト」をクリックします。(テスト画面は随時変更されていますので、画面のインストラクションに従ってテストしてください。)

6)スピーカーとマイクをテストする

「スピーカーのテスト」と「マイクのテスト」のボタンをそれぞれ押してテストしてください。

  • 「スピーカーのテスト」を押すと、(今のところ)音楽が流れます。
  • 「マイクのテスト」を押すと、「レコーディングしています(マイクに向かって話してください)」というメッセージに変化し、しばらく話すと、声が録音され自動再生されます。


※音が再生されない場合、マイクが音を拾っていない可能性が高いので、下図のように他のマイクデバイス(があればそれを選択)で再テストします。

7)Zoomを操作する

起動したZOOMの画面で、もし自分の顔が映っていない場合、カメラが二つついているタイプのPC(スマホ・タブレットも)で、自分の反対側のカメラが使用されているかもしれません。その場合は下の1をクリックして、2で切り替えてください。3のボタンで退出できます。(下の画像はミーティング中のものですが、カメラの切り替えボタンは同じです。

以上で準備は完璧です!お疲れ様でした!

4.ZOOMを利用する(当日)

1)オプティキャリアからのメールのURLをクリック

オプティキャリアからのZOOM専用のURLのリンクを開いてください。

2)Zoom Meetingを起動

「Zoom Meetingを開く」ボタンを押すとZOOMが起動します。

ホスト側(オプティキャリア)がまだログインしていない場合は、下のような画面になります。オーディオ等のテストがまだの場合は、「コンピュータのオーディオをテスト」ボタンを押して、画面のインストラクションに沿ってテストしてください。

ホスト側(オプティキャリア)がログインしている場合は、下のような画面になります。

下のような画面になりましたら、「コンピュータでオーディオに参加」をクリックしてください。

自分の画面のプレビューが現れますので、「ビデオ付きで参加」をクリックします。

相手の顔と自分の顔が現れます。

3)Zoomを操作する

起動したZOOMの画面で、もし自分の顔が映っていない場合、カメラが二つついているタイプのPC(スマホ・タブレットも)で、自分の反対側のカメラが使用されているかもしれません。その場合は下の1をクリックして、2で切り替えてください。

4はチャットボタンで、テキストメッセージのやり取りが可能です。
4の右横の「レコーディング」で、レッスンの録画が可能です。
3の「ミーティングを退出」で終了します。

ではレッスンをはじめましょう!