1/24:論述試験対策講座(キャリアコンサルティング協議会版)のお申込受付を開始いたしました

すぐに実践できる!緊張を和らげる方法★第3回キャリコン面接対策(9)

ロープレをする時、緊張するという方は多いですよね。私も以前、ロープレ練習ではいつも緊張で早口が倍増していた記憶があります(笑)。それが、今となってはほとんど緊張しなくなりました。まあ、これは歳のせいもあるかもしれませんが(笑)、経験を重ねて慣れてきたこと、傾聴の基本が身についてきたことが大きな要因だと思っています。

そうは言っても、あと1ヶ月で全く緊張しないようにするのは難しいかもしれませんよね。そこで、すぐに実践できる方法をお伝えします。

即実践できる緊張を和らげる方法

オープニングトークの型を作ろう

最初の一言、どのように言うか決めていますか?

椅子の角度を調整して、椅子に座って、試験管から「始めてください」と言われた後、ガチガチに緊張するかもしれません。コンサルタントが緊張していたら、CLも話しにくくなってしまいますよね。

クライエントに寄り添うためには、自分に意識を向けるのではなく、クライエントに意識を向ける必要があります。緊張は、意識を自分に向けてしまうため、うまくクライエントに関われない原因にもなります。

そこで、オープニングトークは、自分の言いやすい言い方に決めてしまいましょう。毎回最初は同じ言い方をするのです。すると、スムーズに話し始めることができるので、最初の緊張が少し和らぐはずです。

過去の記事では、例を挙げて説明していますので、こちらを参考にしてくださいね。

では、緊張しないでロープレをスタートできた後、どのようにCLの話を聴いていけば良いのかを次回お伝えしていきます♪