10/18:【お知らせ】試験直前夜間レッスン(11/5~11/15)の予約を開始しました♪

第2回国家資格キャリアコンサルタント★実技(面接)試験対策通信(21)信頼関係構築の極意

2016-11-09

先週末は、勉強会や講座などを利用して、ロープレ練習をされた方も多いのではないでしょうか。私はというと、土曜日は対面レッスン、日曜日は日本マンパワーの「ロールプレイング基礎コース」にオブザーブ参加してきました。

ご職業や受験の目的など、皆さんお一人お一人状況は違いますが、思いは一つ。まずは「合格すること!」ですよね。そんな皆さんのお役に立てるよう、全力を尽くしてまいります^^

さて、まずは今日も、受講した方にいただいたアンケートのご紹介を致します。今回は、スカイプレッスンを初めて受講された方からの声です。

1)予約からレッスン当日までの対応はいかがでしたでしょうか。

当日までの手順が明確で、当日何をやるかというプランをヒアリングをもとに、受講生の状況を考慮して立てて下さるので、安心して受講できることと、到達目標を意識したレッスン受講ができました。

2)レッスン内容にはご満足いただけましたでしょうか。また、満足した点、物足りなかった点について具体的にお教えください。

【満足した点】
①合格するための基準や、傾聴と面接の基本の流れなど、オリジナル資料で、とてもわかりやすく説明していただいたこと。実際に受験された受講生からの試験情報なども教えていただいて参考になったこと。
②一緒に録音を聞きながら、フィードバックを1つ1つ丁寧にしていただけたこと。
   
【物足りなかった点】
初めての受講ということで1時間30分の受講でしたが、正直あっというまでした。もっと時間があったらよかったのに、と思ったことです。レベルが最も低い位置にいる私にとっては、時間内に2度目のロープレをやる時間がもっと欲しかったというのが正直な気持ちでした。(でもこれは、私のできなさゆえのことなので、やむを得ないことだったかなと思いました。)

   
3)講師の対応はいかがでしたでしょうか。

明るく笑顔で対応していただけて、対面するまでのどんな方だろうという不安はすぐに消え去りました。また、続きをやってほしいと思ってしまうほどでした。時間が限られていたので、もっとお話ししたいなという気持ちを胸に秘めながら通話を終了しました。

4)その他、全体を通してのご感想・ご意見をお願い致します。

ポイントを明確に、わかりやすく教えて下さる先生です。実際に受験した方々の声などの情報収集にも余念がなく、合格を目指す受講者にとっては、心強いサポートをしていただける先生だと思いました。第2回の国家試験まで約1ヶ月しかなくなりましたが、なんとしてでも頑張って合格したい!と思う気持ちが強くなりました。

アンケートを下さった受講者さん、ありがとうございました!!
ちなみにこの方はアンケートでは「先生」と書いていただいていますが、今は気軽に「のんさん」と呼んでくださってまして、嬉しい限りです^^

スカイプレッスンはご自宅でちょっと空いた時間で気軽にできる点がメリットです。会場までの移動時間は要らないので、時間の節約ができます。お持ちのパソコンやスマホにソフトをインストールすればすぐに手軽にできますので、効率良く練習したい方には特にオススメですよ^^
bag-1565402_640
さて今日の本題です。

信頼関係構築の極意、それは「受け止め」

信頼関係を築くために重要なこと。
それは、クライエントの話をしっかり「受け止める」ことです。

「受け止め」の方法としては、伝え返し、言い換え、要約など色々あります。ただ、色々な方法を駆使してロープレをするのは、最初は中々難しいですよね。

なので、私がオススメしているのは「伝え返し」です。クライエントの発言を丁寧に伝え返すこと。とにかく、丁寧に!丁寧に!丁寧に!丁寧に!(そろそろしつこいですね^^)行うことが信頼関係の極意です!

オプティキャリアのレッスンでは、特に初期の段階は、

  • 「伝え返し」の重要性ややり方を解説して、頭でしっかり理解してもらう。
  • ロープレで「伝え返し」ができているかできていないかを一緒に確認して自覚してもらう。
  • できていない場合、できるようになるにはどうすればいいのかを細かくアドバイスすることで、今後の練習に役立ててもらう。

以上の点を重視しています。

5分間ロープレをやれば、信頼関係が構築できる方かどうかがわかります。
頭でわかっていても、実際やってみるとなかなか難しいものですよね。
皆さんも、自分のロープレの録音などを改めて聞いて、伝え返しができているかどうか確認してみてくださいね。

<今日のまとめ>
信頼関係構築の極意は「受け止め(伝え返し)」です!

「伝え返しってどうやってやるの??」という方へ。
「伝え返し」の方法については、次回詳しく解説していきますのでお楽しみに♪