5/16:【お知らせ】〈2級〉論述試験対策講座(オンライン)を開始致しました。

いつもの自分を意識して関係構築を★キャリコン面接対策

「趣味はなんですか?」と先日、ある職場のキャリコンの方にきかれたのですが、全然思い浮かばず(笑)。よくよく考えてみると、いつでも私はキャリコン関連のことばかり考えているんですよね。あのCLさんにはどうかかわったら良かったんだろう。どうやったらレッスン受講者さんにもっとわかりやすく教えられるか。どんなコンテンツがあったら喜んでもらえるか。どんな勉強をしたらもっと自分のスキルを上げられるか、等々。私にとっては趣味も仕事も一緒なんです。

私は、落合陽一さんが結構好きなのですが、中でも「ワークアズライフ」(仕事とプライベートを分けることなく、寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方)がすごくしっくりきています。

そんなこんなで、第21回技能士2級試験のサポートは昨日で一旦終わりました!
今は第11回キャリアコンサルタント試験に向けてのオンラインレッスン、対面レッスン、レクチャー受講サポートの日々。合間に大学や受給調整機関での相談業務。そして来月の技能士1級面接試験に向けた勉強・・・と盛りだくさんで楽しい毎日を送っています^^

さて、面接で一番最初にクリアすべき課題は「関係構築」ですよね。
関係構築でみなさんが陥りがちな「不自然さ」について、今日は少しお伝えします。

ロープレで急に現れる不自然さ

面接対策レッスンで、最初にいろいろお話している時は、とっても表情が豊かでステキな雰囲気で話していらっしゃるのに、ロープレが始まったとたんに変わってしまうということがよく起こります。

例えば、
緊張感からか、急にかしこまった感じになり、

  • 表情が硬くなる。急に笑顔が消えてしまって、険しい表情になる。
  • 相槌が硬くなる。「はい」「ええ」しか言わなくなる。
  • 声の抑揚がなくなる。声に表情がなくなる。等

「ロープレ」という異空間に入り込むと、どうしても「普通」でいることが難しくなります。そこで、本来のご自身の良さが出せなくなってしまうんです。

いつもの自分を意識して関係構築を

「ロープレ」は非日常空間です。無意識でいつもの自分を出すのは本当に難しいものです。そこで大事になってくるのは、意識して、いつもの自分が出せるよう準備することです。

まずは、

いつも自分はどうやって初対面の人と関係を築いているのかを客観視すること

から始めてみてください。自分がどんな表情をしているのか。どんな相槌を打っているのか。どのような口調で話しているのか。「意識すること」が大切です。

そして、

ロープレで「意図的に行う」練習をすること

一つひとつの動作を丁寧に意図的に行えるよう、練習してみてください。

すると、ロープレという異空間でも、いつもの自分を「意図的に」出すことができるようになりますよ♪

キャリアコンサルタントは、クライエントに「意図的にかかわること」ができるプロです。自分のかかわり方を客観視した上で、いつもの自分を意識してクライエントとの関係を築いてくださいね。傾聴の基本については、過去に沢山記事を書いていますので、ぜひ参考になさってくださいねー。